薪とペレットストーブのノウハウ

薪とペレット

【コラム】薪が燃焼する仕組み

薪が燃焼する仕組み イメージ

<100℃前後>
薪の水分(水分含有率20%前後)が蒸発する
その後、木材成分の熱分解が行われ、可燃性ガスが発生する
<260℃前後>
適切な酸素と引火に必要な熱が得られれば燃焼スタート
<500℃前後>
500℃付近まで熱分解が続きます。
可燃性ガスの放出が終了した時点で、炎の伴わない炭素(木炭)の燃焼が始まる
木炭のエネルギーは総エネルギーの約3分の2
灰となって木材の燃焼が終了する
ページの先頭へ